わたなべ美穂が太宰府市議会議員の時に成し遂げた実績の中に、「太宰府市議会基本条例」を設立させたことが挙げられます。

2期目の後半に、太宰府市議会の議員定数が2人削除されて18人になった時、わたなべ美穂は、「議員定数の削除要望は、市民の皆さまに議会活動が見えていないのが大きな原因。議会活動を見えるようにすることが、市民の要望に応える道だ」と主張して、「議員基本条例特別委員会」が設置された際に委員長に就任。

約3年の間に44回に及ぶ議論と公聴会の末、昨年3月の議会基本条例の制定にごぎつけました。この素晴らしい実績は、「奮闘する地方議員」として、全国誌に特集記事として紹介されるなど、大きな注目を浴びました。

この特集記事で紹介されたのは、5年半の間にわずか131名(うち九州の議員は14名)全国の3万7千人を数える地方議員の模範とされる名誉でした。

さあ、いよいよ県会議員の挑戦です。
皆様の清き一票を「わたなべ美穂」によろしくお願いします!

IMG_2461